コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アン

デジタル大辞泉の解説

あん【闇】[漢字項目]

常用漢字] [音]アン(漢) [訓]やみ くらい
〈アン〉(「」と通用)
くらやみ。くらい。「闇夜暁闇
道理にくらい。「闇愚」
〈やみ〉「闇市暗闇(くらやみ)夕闇

やみ【闇】

光のささない状態。暗いこと。「に包まれる」
闇夜。
「文化五年の辰年のこんな―の晩に」〈漱石・夢十夜〉
思慮分別がつかないこと。「心の
知識がないこと。
「母の言葉の放った光に我身を縈(めぐ)る―を破られ」〈二葉亭浮雲
先の見通しがつかないこと。「失業して前途がとなる」「一寸先はだ」
正規の手続きによらない取引。「でもうける」「取引」
世人の目にふれないこと。「に葬る」
仏教で、往生の妨げとなる迷い。
文字が読めないこと。
「その余の文字は―なる男」〈咄・醒睡笑・三〉
10 《陰暦30日は闇夜であるところから》3・30・300など、3のつく値段のこと。雲助などが使う。
「まんだ安いなら―げんこ(=三百五十)で」〈滑・膝栗毛・五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やみ【闇】

暗い状態。光のささない状態。また、その所。 「 -に紛れる」
知識のないこと。道理がわからないこと。 「母の言葉の放つた光りに我身を縈めぐる-を破らん/浮雲 四迷
心が乱れて、正しい判断ができなくなること。 「恩愛の-」
人に知られないところ。 「 -に葬る」
前途に希望のないこと。見通しのきかないこと。 「一寸先は-」
秩序の失われた状態。道義が行われないこと。 「義理が廃ればこの世は-だ」
月の出ない夜。闇夜。
正規の手続きによらない取引。 「 -で買う」
文字の読めないこと。 「その余の文字は-なる男/咄本・醒睡笑」
〔陰暦の三十日みそかは闇夜であることから〕 馬方・駕籠かごかきなどの符丁で、三・三〇・三〇〇など。 「まんだ安いなら-げんこ(=「五」ノ符丁)で/滑稽本・膝栗毛 5
名詞の上に付いて複合語をつくり、正当でない意を表す。 「 -物資」 「 -ブローカー」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

闇の関連キーワードボージン・アンド・バークスブラックマーケット愛知県岡崎市石原町闇夜に烏雪に鷺ブラックマネー教室の正義迷暗・迷闇長き世の闇悪夢の果てダマテン愚痴の闇下化冥闇死喰い人木暗がり生死の闇闇ルート輝ける闇無明の闇闇夜の錦黒闇天女

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

闇の関連情報