コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士川游 ふじかわ

8件 の用語解説(富士川游の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

富士川游

医学者・医史学者。安芸国生。初名充人、号は子長。広島医学校卒。上京し『中外医事新報』を編集、ドイツ留学を経て、昭和37年収集した古医書を系統だて『日本医学史』を著わし、のち帝国学士院恩賜賞を受賞。中山文化研究所長・日本医史学会理事長等を務める。児童問題にも深い学殖を示し、また宗教団体を興すなどした。著書に『日本疾病史』『科学と宗教』等がある。昭和15年(1940)歿、76才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふじかわ‐ゆう〔ふじかはイウ〕【富士川游】

[1865~1940]医史学者。広島の生まれ。和漢の古医書を収集し、日本の医史学を確立。著「日本医学史」「日本疾病史」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

富士川游【ふじかわゆう】

医史学者。安芸(あき)の人。1887年広島医学校卒,中外医事新報社に入社。日本医学史の研究に没頭,《日本医学史》(1904年),《日本疾病史》(1912年)等を著し,1927年呉秀三らと日本医史学会を創立。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富士川游 ふじかわ-ゆう

1865-1940 明治-昭和時代前期の医史学者,医学者。
慶応元年5月11日生まれ。ドイツ留学後,東京の日本橋中洲養生院内科医長となる。のち中山文化研究所長。日本児童研究会,日本医史学会などを創立。大正元年「日本医学史」で学士院恩賜賞。後年は宗教活動にはいり,正信協会を創立。昭和15年11月6日死去。76歳。安芸(あき)(広島県)出身。広島医学校卒。号は子長。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふじかわゆう【富士川游】

1865‐1940(慶応1‐昭和15)
医師。日本における医史学の確立者。広島生れ。広島医学校卒。上京し《中外医事新報》の編集に従い,ドイツに留学,内科学・神経病学を専攻,帰国後,日本橋中洲養生院内科医長となる。医史学に関心をもち,和漢の古医書を収集して,日本の医学史を大成した《日本医学史》(1904)を著し,これに対し1912年に学士院恩賜賞が授与された。《日本疾病史》(1912)の価値も高い。24年中山文化研究所長。27年日本医史学会を創立し,38年その理事長となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふじかわゆう【富士川游】

1865~1940) 医学者。広島の人。日本医史学会の組織化に貢献。和漢の古医書を収集、日本医史学を確立。著「日本医学史」「日本疾病史」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富士川游
ふじかわゆう

[生]慶応1(1865).5.11. 広島
[没]1940.11.16. 鎌倉
医師。 1887年広島医学校卒業後上京して,保険医となるかたわら中外医事新報社に入社。以来各種の雑誌の編集にたずさわり,同時に医学史の研究をすすめ,1904年『日本医学史』を著わす。その功で 12年帝国学士院の恩賜賞を受賞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富士川游
ふじかわゆう
(1865―1940)

医学者、医史学者。慶応(けいおう)元年5月11日、富士川雪(すすぐ)の長男として安芸(あき)国(広島県)安佐(あさ)郡安村に生まれる。1887年(明治20)県立広島医学校を卒業。上京して明治生命保険会社(現、明治安田生命保険相互会社)の保険医となり、中外医事新報社に入社した。1892年私立奨進医会を組織して、3月4日に第1回医家先哲追薦(ついぜん)会を催し、1895年呉秀三(くれしゅうぞう)とともに医史社をおこし、『医史料』を刊行した。1897年ドイツのイエナ大学に留学し、内科学、ことに神経病学と理学療法を修めた。1900年(明治33)学位を受け、帰国後は日本橋中州養生院内科医長に就任した。1904年『日本医学史』、1912年『日本疾病史』を発刊。同年『日本医学史』に対し、帝国学士院恩賜賞を授与された。1927年(昭和2)日本医史学会の創立に参画し、1938年同学会第3代理事長に就任した。近代日本医史学の鼻祖といえよう。昭和15年11月6日胆石症により死没。郷里広島市に葬られた。[深瀬泰旦]
『富士川游先生編纂委員会編・刊『富士川游先生』(1954/複製・1988・大空社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の富士川游の言及

【三枝博音】より

…その学問的関心は,はじめ宗教的合理性の追求にあり,認識論や現象学など哲学一般の問題であったが,在学中の兵役体験などから社会的なものに移り,ディルタイからマルクス主義の研究へ進み,《ヘーゲル及弁証法研究》誌を主宰,32年には戸坂潤,岡邦雄らと唯物論研究会を組織,《唯物論研究》の編集責任にあたり,反動的な観念論や日本哲学説への科学的批判を展開した。しかし当局の思想弾圧をうけ,郷里の先輩,医史学者富士川游のすすめで,日本哲学思想史ならびに科学・技術史の研究と著述活動に専念,《日本哲学全書》《日本科学古典全書》など基本史料の集大成のほか,《技術史》や《三浦梅園の哲学》など開拓的労作をのこした。第2次大戦後は,ひきつづき《技術の哲学》《日本の唯物論者》《西欧化日本の研究》などを公刊,国鉄鶴見事故で急逝。…

※「富士川游」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone