コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富山定功 とみやま さだこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富山定功 とみやま-さだこと

1816-1877 江戸後期-明治時代の歌人。
文化13年8月10日生まれ。富山定静(さだきよ)の養子。国学者歌人友安三冬(ともやす-みふゆ)に師事した。明治10年10月31日死去。62歳。讃岐(さぬき)(香川県)出身。本姓は島田。字(あざな)は永世。通称は三倉屋市太夫,三太夫,甚太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

富山定功の関連キーワードおもなお雇い外国人バイロンカッテンダイケグナイストフォルカードボップマリア[1世]高山陣屋跡マリア1世シャカ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android