コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富永直樹 とみながなおき

3件 の用語解説(富永直樹の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富永直樹
とみながなおき

[生]1913.5.18. 長崎
[没]2006.4.11. 東京
彫刻家。本名は良雄。 1938年東京美術学校彫刻科を卒業,1940年同校研究科修了。北村西望に師事し,1936年『F子の首』で文展に初入選。 1950年『殊勲者』,1951年『山』,1952年『主将』で日展3年連続特選を果たす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富永直樹 とみなが-なおき

1913-2006 昭和-平成時代の彫刻家。
大正2年5月18日生まれ。昭和11年文展に初入選。25年から3年連続日展で特選。43年「平和の叫び」で文部大臣賞。47年「新風」で芸術院賞を受賞し,49年芸術院会員となる。54年日展理事長。平成元年文化勲章ブロンズによる肖像,キリスト教を主題とした制作をおこなった。平成18年4月11日死去。92歳。長崎県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。本名は良雄。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富永直樹
とみながなおき
(1913―2006)

彫刻家。長崎県生まれ。本名富永良雄。1938年(昭和13)東京美術学校(現、東京芸術大学)彫刻科の研究科を卒業。在学中の1936年に文展で『F子の首』が初入選。人体の生命の躍動感と理想像を追求した写実的彫刻が特色である。1950年『殊勲者』、1951年『山』、1952年『主将』で3年連続日展特選を受賞、1968年日展に出品した『平和の叫び』で文部大臣賞、1972年『新風』で日本芸術院賞を受賞。1984年文化功労者、1989年(平成1)に文化勲章を受章。代表作に『原爆殉難教え子と教師の像』など。[編集部]
『『富永直樹彫刻作品』(1982・実業之日本社) ▽『富永直樹彫刻作品2』(1990・実業之日本社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

富永直樹の関連キーワードライアン・ロクテ入江陵介赤穂浪士一覧北洋漁業短距離競走タイソン ゲイ200年住宅ソルベンシー・マージン比率支払い余力比率北島康介

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone