富田高定(読み)とみた たかさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田高定 とみた-たかさだ

?-1600 織豊時代の武将。
富田知信(とものぶ)の子。富田信高(のぶたか)の弟。豊臣秀次につかえ,文禄(ぶんろく)4年秀次が豊臣秀吉に追放され自殺すると,京都の西山に幽居。のち加賀(石川県)の前田利長(としなが)の家臣となり,関ケ原の戦いに際し,西軍山口正弘(まさひろ)のまもる加賀大聖寺(だいしょうじ)城攻撃にくわわり,慶長5年8月4日戦死した。通称は蔵人

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android