コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒河御厨 さむかわのみくりや

2件 の用語解説(寒河御厨の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

寒河御厨【さむかわのみくりや】

下野国都賀(つが)郡にあった伊勢神宮御厨。《和名類聚抄》所載の都賀郡小山(おやま)郷を中心とする地域に成立したとみられ,現栃木県小山(おやま)市から下都賀郡野木町にかけての思川流域に比定される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さむかわのみくりや【寒河御厨】

下野国都賀郡にあった伊勢神宮の御厨。現栃木県小山市付近。小山荘ともいい,小山氏の重代の屋敷があった苗字の地である。平安末期,後白河院領であったが,1166年(仁安1)長日御幣用の料紙を内・外二宮の供祭物として備進するため,院より伊勢神宮へ寄進された。92年(建久3)当時の給主は神祇権大副為季。1213年(建保1)院より重ねて寄進され,一円神領となった。面積180町。御幣用の紙360帖のほか,内宮へ絹5疋,雑用料として絹93疋・綿20把・白布200段,外宮へは八丈絹10疋・四丈布10端,雑用料として絹10疋・布90端を備進することになっていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

寒河御厨の関連キーワード伊勢暦皇大神宮神宮神明社御厨伊勢の御師伊勢の御田植神宮教内宮間の山

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone