コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒河御厨 さむかわのみくりや

百科事典マイペディアの解説

寒河御厨【さむかわのみくりや】

下野国都賀(つが)郡にあった伊勢神宮御厨。《和名類聚抄所載の都賀郡小山(おやま)郷を中心とする地域に成立したとみられ,現栃木県小山(おやま)市から下都賀郡野木町にかけての思川流域に比定される。小山荘とも称された。下野の国衙在庁官人であった小山政光は,重代の屋敷を含む開発所領を当時の知行国主後白河院に寄進,小山荘が成立した。同荘は1166年後白河院から伊勢神宮に長日御幣供進料として寄進され,寒河御厨となる。1213年後鳥羽院により再寄進され,一円神領となった。《神鳳抄》などによれば面積180丁,御幣用の紙360帖などを課せられていた。なお小山氏はその後も地頭として支配権を保持し,戦国期まで当地を本拠とした。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さむかわのみくりや【寒河御厨】

下野国都賀郡にあった伊勢神宮の御厨。現栃木県小山市付近。小山荘ともいい,小山氏の重代の屋敷があった苗字の地である。平安末期,後白河院領であったが,1166年(仁安1)長日御幣用の料紙を内・外二宮の供祭物として備進するため,院より伊勢神宮へ寄進された。92年(建久3)当時の給主は神祇権大副為季。1213年(建保1)院より重ねて寄進され,一円神領となった。面積180町。御幣用の紙360帖のほか,内宮へ絹5疋,雑用料として絹93疋・綿20把・白布200段,外宮へは八丈絹10疋・四丈布10端,雑用料として絹10疋・布90端を備進することになっていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android