コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

給主(読み)キュウシュ

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうしゅ【給主】

中世,荘園国衙領において,上級領主から所領の管理(所務)をまかされ収益権を与えられるとともに,年貢課役を上納する責任を負った者。〈給主〉の呼称が出現したのは荘園制の形成される12世紀初めである。伊勢神宮領では,神領田の地主として作人から官物(かんもつ)を徴収し神宮に上納する者を給主と称した。また御厨(みくりや),御薗(みその)にも給主がおかれ神宮の禰宜(ねぎ)層が補任された。その職権は,荘官の補任,年貢納入,紛争の際の訴訟等を担当するもので,一般荘園での領家預所にあたっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きゅうしゅ【給主】

中世、領主から給田を与えられ、年貢課役の納入責任者となった者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の給主の言及

【給人】より

…(1)9世紀後半から律令制度にもとづく食封制度の衰退にともない年給をうける人々が出てきて,その年給をうける人のことを給主あるいは給人と呼んだ。この制度はしだいに形骸化しながら江戸時代初期までつづいた。…

※「給主」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android