コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒菅 カンスゲ

デジタル大辞泉の解説

かん‐すげ【寒×菅】

カヤツリグサ科の多年草。山地の林下に生え、高さ約40センチ。葉は根際から多数出て、寒中でも青々としてつやがある。春から初夏にかけて、淡褐色の雄花穂と黄褐色の雌花穂とをつける。すげ。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんすげ【寒菅】

カヤツリグサ科の多年草。山中の林下に自生し大きな株をつくる。葉は常緑で厚く硬い。春、葉間から30センチメートルほどの花茎を出す。葉に白斑のあるものを観賞用に栽培する。葉で蓑みのや籠かごを作る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

寒菅 (カンスゲ)

学名:Carex morrowii
植物。カヤツリグサ科の多年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

寒菅の関連キーワード山中常緑花茎白斑

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android