コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引喩 いんゆallusion

翻訳|allusion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

引喩
いんゆ
allusion

有名な文学作品,芸術,歴史的事実などにそれとなく言及して,それらを新しい文脈に融合させ表現の内容を豊かにする修辞的方法。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いん‐ゆ【引喩】

比喩法の一。故事・ことわざや人の言葉をたとえに引用して、言いたいことを間接的に表現する方法。「四十にして惑(まど)わず、と論語でいう通り…」の類。引法。アリュージョン

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いんゆ【引喩】

比喩法の一。有名な詩歌・文章・ことわざ・故事などを自分の文章の一節に引用して文飾としたり、表現内容に含みを持たせたりする修辞法。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

引喩の関連キーワード允・印・咽・員・因・姻・寅・引・慇・殷・淫・胤・蔭・院・陰・隕・隠・隱・音・韻・飲Ambarvaliaゴスペル・ソングスウェーデン文学スペイン文学修辞法文章一節詩歌文飾

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android