コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛尊法親王 かんそんほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寛尊法親王 かんそんほうしんのう

?-1382 南北朝時代,亀山天皇の皇子。
出家して性円法親王の弟子となり,仁和寺(にんなじ)西院,蓮華光院をへて,大覚寺門跡大僧正にすすみ,のち親王となる。永和3=天授3年(1377)四天王寺別当に任じられた。永徳2=弘和(こうわ)2年11月26日死去。法名ははじめ寛融。通称は西院僧正,天王寺宮。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

寛尊法親王の関連キーワード南北朝時代亀山天皇藤原俊子皇子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android