仕儀(読み)しぎ

精選版 日本国語大辞典「仕儀」の解説

し‐ぎ【仕儀】

〘名〙 事のなりゆき。有様。経過。実情。また、特に思わしくない結果始末
※六波羅殿御家訓(13C中)三一条「つわき遠くはななんとするは、人をははからぬしきにて悪き也」
※多情仏心(1922‐23)〈里見弴〉不動堂「神仏を相手におそいも早いもあるものですか。仕によっては、丑の刻参りさへするぢアございませんか」
[語誌](1)「時宜」あるいは「時儀」からの意味分化と思われる。「日葡辞書」に「Xigui(シギ)。Iigui(ジギ)という方がまさる〈略〉成行き、または機会」とあり、シギとジギとは同じ意味で使用され、ジギの方がより一般的であるとされている。シとジは、「時」の漢音読み「シ」と呉音読み「ジ」によるものか。「志不可起」に「あのしきなどのしきは式をにごるか又は事義(しぎ)か」とあり、江戸中期においても特定の表記が定着していなかったようである。
(2)「仕儀(仕義)」の表記に定着し始めたのは、江戸時代後期になってからと思われる。読本や人情本に「仕義」の使用が見られ、ヘボンの「和英語林集成(初版)」(一八六七)でも「仕義」となっている(ただし改正増補版では「時義」)。「仕」は、「仕事」や「仕業」など、当て字で使用されることが多い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android