コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

審詳 しんじょう

1件 の用語解説(審詳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しんじょう【審詳】

奈良時代の華厳宗の学僧。生没年不詳。審祥とも書く。《一乗開心論》などの華厳宗の古伝記は〈青丘留学生〉とし,新羅国に留学して華厳教学を学び,帰国後は平城右京の大安寺に止住していた。良弁(ろうべん)の華厳興隆の請により,740年(天平12)10月より3年間,金鐘寺において《華厳経》60巻(旧訳)を講じ,慈訓,鏡忍,厳智など多くの学僧を指導し,後の東大寺盧舎那大仏造立の教理的研究を果たした功は大きい。良弁にかわって日本華厳宗の初祖とする説もあるが,その俗姓は明らかでない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

審詳の関連キーワード橋本聖準華厳宗智儼李唐華厳審祥『荘子』鏡忍厳智普機

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone