コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺島文夫 てらしま ふみお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺島文夫 てらしま-ふみお

1910-1975 昭和時代の出版人。
明治43年1月15日生まれ。小学校卒業後,はたらきながら社会思想,哲学などを独学でまなぶ。昭和10年ごろから千倉書房につとめ,21年文理書院を創立。26年はたらく青年のサークル「緑の会」を結成,翌年機関誌「人生手帖」を創刊した。昭和50年6月25日死去。65歳。新潟県出身。本名は徳治。著作に「二宮尊徳―その生涯と思想」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

寺島文夫の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android