コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺石正路(読み)てらいし まさみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺石正路 てらいし-まさみち

1868-1949 明治-昭和時代の郷土史家。
慶応4年9月2日生まれ。スペンサーの「社会学原理」の影響をうけ,郷里高知県の郷土史研究にはいる。海南学校,旧制高知高に勤務のかたわら,資料にもとづく実証的な研究をおこなった。昭和24年12月23日死去。82歳。大学予備門(一高前身)中退著作に「南学史」「土佐偉人伝」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android