コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺石正路 てらいし まさみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺石正路 てらいし-まさみち

1868-1949 明治-昭和時代の郷土史家。
慶応4年9月2日生まれ。スペンサーの「社会学原理」の影響をうけ,郷里高知県の郷土史研究にはいる。海南学校,旧制高知高に勤務のかたわら,資料にもとづく実証的な研究をおこなった。昭和24年12月23日死去。82歳。大学予備門(一高前身)中退著作に「南学史」「土佐偉人伝」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

寺石正路の関連キーワード安芸三郎左衛門長宗我部盛親大高坂芝山小笠原只八南村梅軒宿毛貝塚中島信行山地元治河野敏鎌平山子竜広瀬丹吉昭和時代南学伝

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android