コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平城貝塚 ひらじょうかいづか

世界大百科事典 第2版の解説

ひらじょうかいづか【平城貝塚】

愛媛県南宇和郡御荘町平城字町畑にある縄文時代後期の貝塚。付近を西流する僧都川河口より約1kmの標高6~7mの台地上に鹹水産の貝による貝塚が積成されている。1891年に発見され,以後若干の調査報告がある。1954年の発掘により,人骨,後期縄文式土器,打製石斧磨製石斧貝輪,骨針およびマグロなどの大型魚骨,小型の馬の歯が出土した。古い採集資料中には,石鏃石錘凹石(くぼみいし)なども知られている。この遺跡から発見された後期縄文式土器は5類に分類されており,磨消(すりけし)縄文手法の盛んな第1類土器が,量的に見てこの貝塚の主体をなすものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平城貝塚の関連キーワード愛媛県南宇和郡愛南町御荘平城寺石 正路

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android