コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺脇貝塚 てらわきかいづか

1件 の用語解説(寺脇貝塚の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

てらわきかいづか【寺脇貝塚】

福島県いわき市小名浜字古湊寺ノ脇に所在する縄文後~晩期にかけて営まれた外洋性貝塚。いわゆる亀ヶ岡式土器を出土する貝塚としては東北地方最南端に位置する。小名浜湾の東端,標高14m内外の丘陵上にあって,その面積は約7000m2と狭いが,貝殻積成はA,Bの2ヵ所に認められる。1950‐65年に4次にわたる調査が行われた。A地区は晩期の遺物を多出し,2体の仰臥屈葬成人骨を出土し,B地区は後期の遺物が重層的に堆積していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

寺脇貝塚の関連キーワード石城国小名浜勿来いわき明星大学アクアマリンふくしまよつくら港リュウ君小野晋平みちのく清世界

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone