コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺脇貝塚 てらわきかいづか

1件 の用語解説(寺脇貝塚の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

てらわきかいづか【寺脇貝塚】

福島県いわき市小名浜字古湊寺ノ脇に所在する縄文後~晩期にかけて営まれた外洋性貝塚。いわゆる亀ヶ岡式土器を出土する貝塚としては東北地方最南端に位置する。小名浜湾の東端,標高14m内外の丘陵上にあって,その面積は約7000m2と狭いが,貝殻積成はA,Bの2ヵ所に認められる。1950‐65年に4次にわたる調査が行われた。A地区は晩期の遺物を多出し,2体の仰臥屈葬成人骨を出土し,B地区は後期の遺物が重層的に堆積していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone