コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺西閑心 テラニシカンシン

3件 の用語解説(寺西閑心の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てらにし‐かんしん【寺西閑心】

江戸初期の侠客。尾張の人。江戸で剣術を指南。のち禅門に入ったが、還俗して侠客となった。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺西閑心 てらにし-かんしん

?-? 江戸時代前期の武士,剣術家。
下総(しもうさ)古河(こが)藩(茨城県)藩主土井利隆(としたか)につかえたが,利隆隠居にからむ内紛のため万治(まんじ)3年(1660)江戸にでて剣術をおしえる。侠客(きょうかく)となり深見十左衛門らとまじわる。六法(むほう)組13人を赤坂で斬り,下野(しもつけ)(栃木県)ににげたといわれる。通称は弥助。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

てらにしかんしん【寺西閑心】

江戸初期の俠客。赤坂氷川で六法組の俠客一三人を斬り、下野へ逃れた。生没年未詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寺西閑心の関連キーワード出淵平兵衛市川門太夫伊藤清長太田忠兵衛瀬戸口備前田宮三之助原田利重堀貞則村田与三和田兵斎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone