コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺西閑心 テラニシカンシン

デジタル大辞泉の解説

てらにし‐かんしん【寺西閑心】

江戸初期の侠客尾張の人。江戸で剣術を指南。のち禅門に入ったが、還俗して侠客となった。生没年未詳。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺西閑心 てらにし-かんしん

?-? 江戸時代前期の武士,剣術家。
下総(しもうさ)古河(こが)藩(茨城県)藩主土井利隆(としたか)につかえたが,利隆隠居にからむ内紛のため万治(まんじ)3年(1660)江戸にでて剣術をおしえる。侠客(きょうかく)となり深見十左衛門らとまじわる。六法(むほう)組13人を赤坂で斬り,下野(しもつけ)(栃木県)ににげたといわれる。通称は弥助

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てらにしかんしん【寺西閑心】

江戸初期の俠客。赤坂氷川で六法組の俠客一三人を斬り、下野へ逃れた。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

寺西閑心の関連キーワード与兵衛