コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寿遠 じゅおん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寿遠 じゅおん

じゅえん

寿遠 じゅえん

771-838 奈良-平安時代前期の僧。
宝亀(ほうき)2年生まれ。東大寺で性相(しょうそう)・因明(いんみょう)をおさめ,大安寺安澄(あんちょう)に三論をまなび,大和(奈良県)西大寺の住職となる。承和(じょうわ)元年興福寺維摩会(ゆいまえ)の講師をつとめ,伝灯大法師位に任じられた。承和5年12月死去。68歳。武蔵(むさし)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

寿遠の関連キーワード宝亀

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android