コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊珍法親王 そんちんほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尊珍法親王 そんちんほうしんのう

1306-? 鎌倉-南北朝時代,亀山天皇の皇子。
徳治元年生まれ。母は藤原資子(すけこ)。後醍醐(ごだいご)天皇の養子となる。元亨(げんこう)4年出家し,聖護(しょうご)院にはいる。園城寺(おんじょうじ)長吏となったが,元徳2年越前(えちぜん)(福井県)に流され,のち配所で死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

尊珍法親王

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:徳治1(1306)
亀山天皇皇子で母は藤原経子と考えられる。亀山上皇の没後に誕生し,やがて後醍醐天皇の猶子になったらしい。聖護院に入り,園城寺長吏,准三宮にのぼったが,元徳2(1330)年越前に流され,配地で没した。<参考文献>森茂暁『皇子たちの南北朝』

(森茂暁)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

尊珍法親王の関連キーワード南北朝時代没年

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android