コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地塁 ちるいhorst

翻訳|horst

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地塁
ちるい
horst

並行する正断層によって限られ,周囲よりも相対的に隆起した細長い地塊。硬い地殻から成る地域に張力が働くと多数の正断層が形成され,ブロック化した多くの地塊が相対的に隆起,沈降する。隆起地塊を地塁,沈降地塊を地溝と呼ぶ。両者は隣合って共存することが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ち‐るい【地塁】

ほぼ平行に並ぶ断層の両側の地域が落ち込み、間に挟まれた部分が高くなっている地形ホルスト

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

地塁【ちるい】

ほぼ平行に走る2断層の両側の地域が落ちこみ,間にはさまれた部分が取り残されて高くなっている地質構造阿武隈高地鈴鹿山脈など多くの例がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちるい【地塁 horst】

断層で限られた,幅に比べて延長が長い地塊で,周辺に対し相対的に隆起している部分。逆に相対的に沈降している部分は地溝と呼ばれる。地塁の延長方向に沿う断層で,地塁の形成にかかわっている断層を地塁断層という。地塁は地質構造に対する用語であるが,この地塁構造が地形にあらわれている場合は,その地形に対して用いることもある。【衣笠 善博】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちるい【地塁】

両側を平行する断層群で切られ、周囲よりも相対的に高い位置にある地塊。ホルスト。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地塁
ちるい

ほぼ並走している二つの断層崖(がい)で限られた地塊。ドイツ語のホルストHorstに由来し、英語やフランス語でもホルストhorstとよばれている。地塁は、地殻の表面部の隆起・断裂によって形成された地形と考えられている。山地を形成する地塁を地塁山地、脈状に連続するものを地塁山脈という。木曽(きそ)・六甲(ろっこう)・鈴鹿(すずか)・生駒(いこま)・笠置(かさぎ)などの山脈・山地は、地塁の例である。[有井琢磨]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の地塁の言及

【断層地形】より

… 凸地形とは,断層運動に伴って生じた,周辺に比べて相対的に高い地形である。断層で両側を限られた細長い隆起地塊が地塁(山地)で,少なくとも一方の側を限られた断層地塊(山地)の一種である。これがある方向に傾いていれば傾動地塊あるいは傾動山地とよばれる。…

※「地塁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

地塁の関連キーワードホルスト(地塁)ヤブロノイ山脈グアダラマ山脈アガレガ諸島ベイ[諸島]西浅井[町]奈留[町]一宮[町]佐賀関半島三浦丘陵宝達丘陵伊吹山地野坂山地讃岐山脈近江盆地比良山地高縄半島丹後半島五島列島島根半島

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android