小作り(読み)コヅクリ

デジタル大辞泉 「小作り」の意味・読み・例文・類語

こ‐づくり【小作り】

[名・形動]
作りが小さいこと。「小作りなしゃれた家」⇔大作り
からだつき全体が小さいこと。小柄。「小作りな男」⇔大作り
[類語]小柄小兵小粒小形小ぶり小さいしょう小さなちっちゃいちっぽけ細かい低い小さめ矮小わいしょう寸足らずちんちくりん微小微細細微細密緻密ちみつ細か豆粒芥子けし群小最小小規模細細ほそぼそ零細ちんまりこぢんまりちまちまミニハンディーハンディータイプポケッタブルポケットサイズポータブル可搬手頃手軽小型ちびモバイルコンパクトウエアラブルプチミニミゼットハンドヘルド

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android