コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小南義方 こみなみ よしかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小南義方 こみなみ-よしかた

1765-1827 江戸時代中期-後期の武士。
明和2年生まれ。伊勢(いせ)津藩士。郡奉行,小姓頭などをつとめる。藩主藤堂高兌(たかさわ)のもとで,飢饉(ききん)にそなえる義倉の設置,養蚕の奨励など農政の改革を推進する。藩校有造館の設立にもつくした。文政10年死去。63歳。通称は弥平。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小南義方の関連キーワード中野碩翁都築弥厚ホイットニーカニング冬の旅マキシモヴィッチナバリノの海戦カニング過疎現象と市区町村合併自伝