コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小南義方 こみなみ よしかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小南義方 こみなみ-よしかた

1765-1827 江戸時代中期-後期の武士。
明和2年生まれ。伊勢(いせ)津藩士。郡奉行,小姓頭などをつとめる。藩主藤堂高兌(たかさわ)のもとで,飢饉(ききん)にそなえる義倉の設置,養蚕の奨励など農政の改革を推進する。藩校有造館の設立にもつくした。文政10年死去。63歳。通称は弥平。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小南義方の関連キーワード田阪灞山中野碩翁コッチ窯アダムズ(Samuel Adams)賀茂真淵(かもまぶち)鈴木春信ニコライ(Friedrich Nicolai)ブルース(James Bruce)総合年表(アメリカ)羽倉惟得

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android