コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小原巴山 おはら はざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小原巴山 おはら-はざん

1693-1777 江戸時代中期の儒者,画家。
元禄(げんろく)6年生まれ。小原慶山の子。儒学を向井元成にまなび,子弟におしえるかたわら長崎奉行所につとめる。また画を父にまなび水墨の竜を得意とした。安永6年9月9日死去。85歳。肥前長崎出身。名は克紹。字(あざな)は子緒。通称は勘八。別号に敬斎,敬修斎。編著に「長崎志続編」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小原巴山の関連キーワード加藤美樹小糸佐七物沼波弄山日韓中高生交流事業品井沼干拓池田宗旦異称日本伝井原西鶴西鶴置土産真如堂

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone