コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小原木踊 おはらぎおどり

世界大百科事典 第2版の解説

おはらぎおどり【小原木踊】

中世末から近世初頭にかけて流行した踊歌(おどりうた)。中世小歌にもよまれている京都八瀬の大原女の姿をうたったもので,中世後期からの風流(ふりゆう)踊の盛行とともに諸国に広まった。歌舞伎踊を創始する以前の,出雲のお国も踊っている。〈沈(じん)や麝香(じやこう)は持たねども,におう(荷負う,匂う)てくるは焼(たき)もの〉などの歌詞を持つ。その断片は,江戸時代の歌謡の中にとり入れられて長く伝わった。【小笠原 恭子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

小原木踊の関連キーワード綾子舞風流踊小歌踊篠原踊

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android