コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小舞 こまい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小舞
こまい

(1) 狂言小舞。狂言師が小舞謡を地に舞う舞。主として狂言の酒宴の場の余興として舞われるが,単独でも用いられる。能の仕舞が能の一部であるのに対して,狂言小舞は初めから独立した小品の舞踊曲であり,軽妙で写実的な型が多い。狂言修業の基礎でもある。『七つ子』『暁の明星』など。 (2) 初期歌舞伎の舞台で舞われた舞の一つ。若衆歌舞伎から野郎歌舞伎にかけて,狂言小舞を取入れて歌舞伎化したもの。右近源左衛門小舞庄左衛門らが名人として知られていた。

小舞
こまい

木舞とも書く。屋根や壁の下地で,竹や縦横に組んだもの。壁の小舞下地は真壁造りの代表的構法で,通し貫をもとに縦横に竹を 30cm程度の間隔で組み,これに小舞竹を3~4cmの間隔で小舞縄により取付ける。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こ‐まい〔‐まひ〕【小舞】

狂言方のまう舞で、小舞謡を地とする短いもの。狂言中の酒宴の場などに舞われるほか、黒紋付き袴(はかま)姿で地謡の謡によって、単独でも舞われる。狂言小舞。
歌舞伎の初期のころに演じられた舞踊の一。1が歌舞伎に入って発達したもの。→小舞十六番

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

小舞【こまい】

狂言の中で,酒宴の場面などに舞う短い舞。また能の仕舞(しまい)のように,狂言方が紋付袴(はかま)姿で,前述の小舞または特定狂言の一部を,地謡(じうたい)によって演ずること。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

リフォーム用語集の解説

小舞

伝統的な木造真壁造りの土塗壁の下地の代表的な工法で、貫(ぬき)や細く割った竹などを縦横に組み、縄などで編んだもの。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こまい【小舞】

(1)狂言方が舞う舞の一種。狂言小舞ともいう。狂言の中の酒宴の場面などで,相手に求められて舞う短い舞。詞章は自分で舞いながら謡うばあいと相手役が謡うばあいとある。この小舞の際に謡う曲を小舞謡という。いずれも単独に完結した小品舞踊曲なので,どの小舞をどの狂言に用いるかは流動的だが,現在では,たとえば《七つに成子(なるこ)》を《棒縛》に,《海人》を《寝音曲》に用いるというように,ある程度まで演出が固定して定型化したものもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こまい【小舞】

狂言の曲中で舞われる舞。能の仕舞のように独立して、扮装をせずに舞う場合もある。舞の地として小舞謡を伴う。狂言小舞。
歌舞伎の初期に演じられた、狂言の小舞に似た舞踊。また若衆歌舞伎の時代に、当時流行の小歌に振りをつけた小舞十六番がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の小舞の言及

【舞】より


[歌舞伎の舞]
 舞の歴史は中世をもっていったん終止符を打ち,それに代わって,近世の黎明(れいめい)とともに踊りの芸能が舞踊史の主流となる。しかし,1629年(寛永6),女歌舞伎の禁止を契機として歴史の表面に現れた若衆(わかしゆ)歌舞伎は,再び舞に注目し,狂言系統の小舞(こまい)を介して新しい舞踊表現を生み出す。それは〈小舞十六番〉という形に整備され,舞踊訓練の手ほどきとして重視されて,のちの所作事(しよさごと)の基礎となった。…

※「小舞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小舞の関連キーワード小舞(建築)小舞(舞踊)見物左衛門三宅藤九郎地主の桜岩渕敏司海道下り鞍馬天狗舞曲扇林狂言小歌拍子舞物日本伝助気を移す下地窓壁下地淀・澱拍子舞朱載堉小歌木舞

小舞の関連情報