コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小原蘭峡 おはら らんきょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小原蘭峡 おはら-らんきょう

1797-1854 江戸時代後期の本草家。
寛政9年生まれ。小原桃洞の孫。紀伊(きい)和歌山藩士,藩医本草学,医学を祖父に,国学を本居大平(もとおり-おおひら)に,儒学を山本楽所にまなぶ。桃洞に同行して熊野,河内(かわち)などの山で採薬。「桃洞遺筆」を編集した。嘉永(かえい)7年7月19日死去。58歳。名は良直。通称は八三郎。著作に「金剛山採薬記」「薬品通」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小原蘭峡の関連キーワード本草家