小器(読み)ショウキ

大辞林 第三版の解説

しょうき【小器】

小さい器。
度量・人物の小さいこと。また、その人。 ⇔ 大器

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐き セウ‥【小器】

〘名〙
① 小さいうつわ。小さい器物。
※名語記(1275)六「大器に対したる小器なれば」 〔陸‐新刻漏銘序〕
② 転じて、度量の小さいこと。また、その人。
※空華集(1359‐68頃)一〇・龍翁和前偈且以鼎見還復和再献「鼎詩唱和憶彌明、小器生光看大成
※俳諧・誹諧世説(1785)三「惟然坊は中々盗などすべき小器(シャウキ)の僧にあらず」 〔法言‐先知〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android