コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小堀流 コボリリュウ

3件 の用語解説(小堀流の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こぼり‐りゅう〔‐リウ〕【小堀流】

日本泳法の流派の一。享保(1716~1736)のころ、熊本藩士村岡伊太夫政文が創始、その子小堀常春が完成。基本泳法は平泳ぎで、立ち泳ぎが特徴。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こぼりりゅう【小堀流】

水泳術の一派。熊本藩士村岡伊太夫が創始した水泳法を、次男で小堀家の養子となった小堀長順常春(1700~1771)が大成。明治以後、武徳会遊泳術の主流となった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小堀流
こぼりりゅう

現存する日本泳法の一流派で、肥後(熊本県)の細川藩に伝わった。村岡伊太夫が享保(きょうほう)(1716~36)のころ一流をおこし、その子小堀長順(ながよし)がそれを大成させ小堀流を確立した。小堀流では長順を初代家元としている。小堀流は細川藩藩校時習館の教科でもあった。小堀流は踏水術とも称するように立体(立泳ぎ)を主とする泳法である。明治維新後、小堀流は長崎、京都、東京に伝えられた。小堀流の伝書としては小堀長順が1756年(宝暦6)に著した『踏水訣(けつ)』『水馬千金篇(へん)』をはじめとしてほかに二、三がある。泳法は手繰游(たぐりおよぎ)を基本として浮身を重んじているが、泳法には足撃(そくげき)、足抜手(ぬきて)、立游(たちおよぎ)、御前(ごぜん)游、甲冑(かっちゅう)御前游などがある。[笹島恒輔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小堀流の言及

【水泳】より

…(6)水任流 17世紀中ごろ高松藩主松平頼重が今泉八太夫に命じ,水戸の技法を讃岐に合わせて改良したもので,特殊なさかさあおり足を用いる。(7)小堀流 1714年(正徳4)熊本の村岡伊太夫の創始といわれ,その養子小堀長順によって大成された。立体の巻足を基礎とし,踏水術とも呼ばれる。…

※「小堀流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小堀流の関連キーワード日本泳法観海流神伝流水府流南蘋派長谷川流向井流河井流伸し泳ぎ古式泳法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone