コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山三造 こやま さんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山三造 こやま-さんぞう

1860-1927 明治-大正時代の洋画家,版画家。
万延元年生まれ。工部大学校にまなぶ。明治12年京都にうつり,翌年開校された京都府画学校の西宗(西洋画)教師となる。14年退職,石版屋をひらき,コロタイプによる印刷も手がける。25年守住勇魚(もりずみ-ゆうぎょ)らと油絵展覧会を開催。昭和2年死去。68歳。駿河(するが)(静岡県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小山三造の関連キーワード島津保次郎清水宏マキノ雅広衣笠貞之助伊藤大輔内田吐夢田坂具隆五所平之助斎藤寅次郎芥川龍之介

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone