コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山三造 こやま さんぞう

1件 の用語解説(小山三造の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山三造 こやま-さんぞう

1860-1927 明治-大正時代の洋画家,版画家。
万延元年生まれ。工部大学校にまなぶ。明治12年京都にうつり,翌年開校された京都府画学校の西宗(西洋画)教師となる。14年退職,石版屋をひらき,コロタイプによる印刷も手がける。25年守住勇魚(もりずみ-ゆうぎょ)らと油絵展覧会を開催。昭和2年死去。68歳。駿河(するが)(静岡県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

小山三造の関連キーワード黒田重太郎洋画石原白道川上涼花神中糸子住田良三中川八郎守住勇魚柳敬助山内愚仙