コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山松渓 こやま しょうけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山松渓 こやま-しょうけい

1863-1903 明治時代の日本画家。
文久3年生まれ。越後(えちご)(新潟県)高田藩士の子で,小山杉渓(さんけい)の養子となる。文人画服部波山に,漢詩小野湖山にまなぶ。また岸田吟香の紹介で清(しん)(中国)の杭州にわたり,戴用柏に師事,帰国後ひろく名を知られた。明治36年11月1日死去。41歳。本姓は伊藤。名は堅。字(あざな)は子鑽。通称は三木造。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小山松渓の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android