コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山田浩子 おやまだひろこ

3件 の用語解説(小山田浩子の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

小山田浩子

日本の小説家。1983年、広島県生まれ。広島大学卒業後、編集プロダクション、眼鏡店勤務などを経て、2010年に短編「工場」で新潮新人賞を受賞。13年、同作を収録した初の著書『工場』(新潮社)で織田作之助賞を受賞。14年には、夫の実家の隣に引っ越した専業主婦の心理を幻想的に描いた短編「穴」(「新潮」13年9月号掲載)で芥川賞を受賞した。

(2014-1-20)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おやまだ‐ひろこ〔をやまだ‐〕【小山田浩子】

[1983~ ]小説家。広島の生まれ。平成22年(2010)「工場」で新潮新人賞を受賞し作家デビュー。「穴」で芥川賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山田浩子 おやまだ-ひろこ

1983- 平成時代の小説家。
昭和58年生まれ。編集プロダクション,自動車メーカーへの派遣社員などをつとめたあと結婚。平成22年「工場」で新潮新人賞。25年単行本「工場」で織田作之助賞。26年夫の田舎に移り住んだ主婦の日常と異界を描いた「穴」で芥川賞を受賞。広島県出身。広島大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

小山田浩子の関連キーワード川崎明峰小林蹴月ゴンクール金城一紀今官一奥久登田中純(1)横山美智子若杉慧今村夏子

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小山田浩子の関連情報