コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山若犬丸 おやま わかいぬまる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山若犬丸 おやま-わかいぬまる

?-1397 南北朝-室町時代の武将。
小山義政の長男。至徳3=元中3年父の遺志をつぎ,鎌倉公方足利氏満に反抗して挙兵するが敗れる。嘉慶(かきょう)元=元中4年と応永3年の2度にわたり再挙をはかるが敗れ,会津にのがれ応永4年1月15日自害した。下野(しもつけ)(栃木県)出身。名は隆政。通称は悪四郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

小山若犬丸

没年:応永4.1.15(1397.2.13)
生年:生年不詳
南北朝末・室町時代初期の武将。父義政の敗死後,鎌倉府に不満を持つ小田・田村氏らの支援により小山城,常陸小田城などに挙兵するが敗走。会津にて自害。<参考文献>『小山市史』通史編Ⅰ

(松本一夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

小山若犬丸の関連キーワード室町時代(年表)小田五郎小田孝朝小山義政鹿島幹重