コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小峰峯真 こみね ほうしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小峰峯真 こみね-ほうしん

1729-1801 江戸時代中期-後期の書家。
享保(きょうほう)14年生まれ。家は武蔵(むさし)青梅(東京都)の町年寄格で木炭商をいとなんだ。高頤斎(こう-いさい)に師事,松花堂昭乗(しょうかどう-しょうじょう)の書風をまなぶ。門人に孫の小林天淵ら。享和元年11月10日死去。73歳。字(あざな)は子元。通称は嘉右衛門。別号東岳

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小峰峯真の関連キーワード享保

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android