コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小島省斎 こじま しょうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小島省斎 こじま-しょうさい

1804-1884 江戸後期-明治時代の儒者。
文化元年8月11日生まれ。京都で猪飼敬所(いかい-けいしょ)にまなぶ。弘化(こうか)2年丹波(たんば)柏原(かいばら)藩(兵庫県)につかえ,藩政改革を進言した。嘉永(かえい)3年藩校又新館創設につくす。文久3年側用人となり,藩政に参画。藩論を勤王にみちびいた。明治17年6月6日死去。81歳。丹波氷上郡(兵庫県)出身。名は慎。字(あざな)は思之。通称は四郎兵衛,忠太。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

小島省斎

没年:明治17.6.6(1884)
生年:文化1.8.11(1804.9.14)
幕末維新期の漢学者。丹波(兵庫県)氷上の人。名は慎,駟,字は思之,伯輿,通称は四郎兵衛,忠太。省斎と号す。23歳のとき京都に出て,猪飼敬所に師事。帰郷後,丹波柏原藩に仕え,藩主の信用篤く,藩政改革に大きく寄与した。特に,幕末動乱のなか,藩の財政を刷新し,累積した借金の整理を行うとともに,佐幕か勤王かで揺れていた藩の方針を勤王に取りまとめたのも,省斎の進言であった。学問は,初め折衷考証学であったが,のちに朱子学を信奉。詩文を末技として経学に打ち込み,子弟の教育に熱心であった。<参考文献>松井拳『兜山余芳』

(高橋昌彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

小島省斎 (こじましょうさい)

生年月日:1804年8月11日
江戸時代末期;明治時代の漢学者
1884年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

小島省斎の関連キーワード福原 謙七明治時代生年月日織田鶴姫福原謙七

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android