小川三夫(読み)おがわ みつお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小川三夫 おがわ-みつお

1947- 昭和後期-平成時代の宮大工。
昭和22年生まれ。高校の修学旅行で法隆寺五重塔をみて,宮大工の西岡常一の門をたたくも断られ,仏壇屋などで修業したのち,昭和44年西岡棟梁の内弟子となる。法輪寺三重塔,薬師寺西塔・金堂再建で副棟梁をつとめる。52年鵤(いかるが)工舎を設立し,国泰寺ほか全国の寺院改修・再建・建立後進の育成にあたる。栃木県出身。氏家高卒。西岡常一・塩野米松との共著に「木のいのち木のこころ」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小川三夫の関連情報