コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小川晴暘 おがわ せいよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小川晴暘 おがわ-せいよう

1894-1960 大正-昭和時代の写真家。
明治27年3月7日生まれ。丸木利陽(りょう)に師事,「大阪朝日新聞」写真部員となる。大正11年奈良に古美術写真頒布の飛鳥(あすか)園を設立。昭和4年「東洋美術」を創刊。中国の雲崗(うんこう)石窟などの撮影で知られる。昭和35年3月18日死去。66歳。兵庫県出身。本名は晴二。代表作に「室生寺(むろうじ)大観」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小川晴暘の関連キーワード昭和時代島村利正写真家

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android