コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小市 こいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小市 こいち

1747-1793 江戸時代中期-後期の漂流民。
延享4年まれ。伊勢(いせ)(三重県)の神昌丸乗組員。天明2年船頭の大黒屋光太夫らと遠州灘で遭難し,アリューシャン列島のアムチトカ島に漂着カムチャツカ,イルクーツクに滞在。寛政4年光太夫,磯吉とともにエカテリーナ号で帰国したが,5年4月2日根室で病死した。47歳。本名は長右衛門。幸市ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小市の関連キーワードグレゴリオス(ニッサのグレゴリオス)アララギ(短歌結社雑誌)ハインリヒ フェーデラー急進社会党[フランス]二月革命(フランス)プティ・ブルジョア中村京十郎(4代)ボズワースの戦いシルダのひとびと隣の八重ちゃんプチブルジョアココニイルコト猪苗代[町]ビットリーニ小市民映画浜松の楽器島津保次郎小津安二郎米倉真樹加賀象眼

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小市の関連情報