甘楽町(読み)かんら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

甘楽〔町〕
かんら

群馬県南西部,鏑川中流右岸の河岸段丘上にある町。 1959年小幡町,新屋村,福島町の一部が合体して発足。中心集落の小幡は南北 600mの街村。養蚕が盛んであったが,近年ではキュウリ,ナスなどの野菜栽培や養豚酪農に移行しつつある。上信電鉄と国道 254号線が通じ,富岡市高崎市との関係が深い。面積 58.61km2。人口 1万3200(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甘楽町の関連情報