コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鏑川 かぶらがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鏑川
かぶらがわ

群馬県南西部を流れる川。利根川支流。長野県境の関東山地に源を発した西牧 (さいもく) 川と南牧 (なんもく) 川が下仁田で合流して形成。丹生丘陵,岩野谷丘陵の南を東流し,高崎市倉賀野で烏川に合流する。全長 53.7km。河岸段丘がよく発達し,広い下位段丘面は水田となり,上位段丘面は畑地となっている。谷筋中山道の脇往還である信濃別路 (女街道) が通っていた。現在は上信電鉄,国道 254号線が通じる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かぶら‐がわ〔‐がは〕【鏑川】

群馬県西南部を流れる川。長野県との境にある荒船山に源を発する西牧(さいもく)川と南牧川が甘楽(かんら)郡下仁田町で合流して鏑川となる。高崎市付近で利根川の支流烏川に注ぐ。長さ60キロ。両岸は河岸段丘で、上位段丘はコンニャクイモ・ネギなどの野菜栽培・花卉(かき)園芸、下位段丘は水田に利用される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕鏑川(かぶらがわ)


群馬県南西部を流れる川。長野県境の物見(ものみ)山(標高1375m)北方に源を発し、南牧(なんもく)川を合流して東流、高崎(たかさき)市南東部で利根(とね)川支流の烏(からす)川に合流する。1級河川(利根川水系)。延長59km。河岸段丘が発達し、桑園・水田などに利用される。畑地ではコンニャク栽培が盛ん。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鏑川
かぶらがわ

群馬県南西部を流れる川。荒船山(あらふねやま)付近に源を発した南牧(なんもく)川と西牧(さいもく)川が下仁田(しもにた)町で合流して鏑川となり、ほぼ東流し、高崎市の南東で利根(とね)川の支流烏(からす)川に合流する。延長53.7キロメートル。右岸に雄(お)川、鮎(あゆ)川、左岸に高田川などの支流がある。両岸には典型的な河岸段丘が2~3段発達し、おもに上位段丘は桑畑や野菜畑、下位段丘は水田に利用されている。灌漑(かんがい)用水路が発達し、川筋は昔の中山道脇往還(なかせんどうわきおうかん)で、現在は高崎から下仁田まで上信電鉄が通じている。河谷平野の中心は富岡(とみおか)市。[村木定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鏑川の関連キーワード下仁田(町)甘楽[町]富岡[市]甘楽(町)富岡(市)御荷鉾山根小屋城秩父山地富岡丘陵富岡市余地峠甘楽町北方吉井小幡

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鏑川の関連情報