コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小村鄰 こむら ちかし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小村鄰 こむら-ちかし

1848-1920 明治-大正時代の神職。
嘉永(かえい)元年11月9日生まれ。砲術家として下野(しもつけ)(栃木県)足利藩につかえた父にしたがう。維新後,求道館(復興した足利学校)でおしえるかたわら,川上広樹(ひろき)に国学をまなぶ。二荒山(ふたらさん)神社権宮司(ごんのぐうじ),札幌神社宮司などをへて,明治33年伊勢神宮禰宜(ねぎ)となった。大正9年2月5日死去。73歳。下総(しもうさ)古河(こが)(茨城県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小村鄰の関連キーワード一八四八年の革命大恐慌牧野省三戦間期キンチ三月革命労働者友愛会ガルニエ=パージェスアウスグライヒウィーン蜂起