コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足利藩 あしかがはん

藩名・旧国名がわかる事典の解説

あしかがはん【足利藩】

江戸時代下野(しもつけ)国足利郡足利(現、栃木県足利)に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩。藩校は求道館(ぐどうかん)。1688年(元禄1)、5代将軍徳川綱吉(つなよし)の生母桂昌院(けいしょういん)の弟だった本庄宗資(ほんじょうむねすけ)が1万石で立藩。同氏は1692年(元禄5)に常陸(ひたち)国 笠間藩に転封(てんぽう)(国替(くにがえ))され、足利藩領は天領となったが、1705年(宝永2)に、徳川家宣(いえのぶ)の御側衆(おそばしゅう)だった戸田忠時(ただとき)(忠利)が、旗本時代の甲斐(かい)国内8000石から3000石加増で、足利郡、河内(かわち)郡、都賀(つが)郡1万1000石を領有、足利藩を再立藩した。以後明治維新まで戸田氏8代が続いた。1871年(明治4)の廃藩置県により、足利県を経て栃木県に編入された。

出典|講談社藩名・旧国名がわかる事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

足利藩
あしかがはん

下野(しもつけ)国(栃木県)足利に居所を置いた譜代(ふだい)小藩。1644年(正保1)から土井利房(どいとしふさ)が在封、1688年(元禄1)から本庄宗資(ほんじょうむねすけ)が常陸(ひたち)国(茨城県)笠間(かさま)に移るまでの間、一時居所を置いた。越後(えちご)国(新潟県)高田城主戸田氏の一族で、西の丸徳川家宣(いえのぶ)の御側衆(おそばしゅう)であった戸田忠利(ただとし)〔忠時(ただとき)〕が1705年(宝永2)に、旗本時代の甲府8000石に3000石の加増を受け、足利、都賀(つが)、河内(かわち)の3郡内において新たに1万1000石を領有した。以後、1871年(明治4)の廃藩置県に及び、足利県を経て栃木県に編入された。[阿部 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

足利藩の関連キーワード西山謙之助戸田 忠行栃木(県)川上広樹小村 鄰戸田忠時田崎草雲本庄宗資木下利忠下野国御側衆小村鄰阿部元禄

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android