コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林和作 こばやし わさく

美術人名辞典の解説

小林和作

洋画家。山口県生。号は霞村・燦樹。京都絵専卒。川北霞峰師事。鹿子木孟郎・梅原龍三郎・中川一政らと親交を結び、春陽会会員となる。独立美術協会会員。芸術選奨文部大臣賞受賞。昭和49年(1974)歿、86才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林和作 こばやし-わさく

1888-1974 大正-昭和時代の洋画家。
明治21年8月14日生まれ。日本画文展に入選するが,大正7年洋画に転じ,梅原竜三郎らにまなぶ。昭和2年春陽会会員。翌年渡欧。9年独立美術協会にはいる。広島県尾道に転居し,風景画をえがいた。昭和49年11月4日死去。86歳。山口県出身。京都市立絵画専門学校(現京都市立芸大)卒。号は霞村,燦樹。作品に「海」「春の山」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小林和作
こばやしわさく
(1888―1974)

洋画家。山口県生まれ。1913年(大正2)京都市立絵画専門学校を卒業、文展で褒状。のち洋画に転じ、梅原龍三郎(りゅうざぶろう)ほかに師事し、春陽会会員。28~29年(昭和3~4)滞欧。34年独立美術協会会員となり、広島県尾道(おのみち)市に移住する。鮮烈な色彩と筆触による独特の風景画境を確立し、また美術収集家、随筆家としても有名であった。[小倉忠夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

小林和作の関連キーワード尾道市立美術館山口県立美術館広島県立美術館しぶや美術館昭和時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小林和作の関連情報