コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅原龍三郎 うめはら りゅうざぶろう

3件 の用語解説(梅原龍三郎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

梅原龍三郎

洋画家。京都生。関西美術院卒。伊藤快彦、浅井忠に師事、渡仏して、パリのアカデミージュリアンに学び、さらにルノワールに師事。帰国後二科会・春陽会の創立会員となり、また国画創作協会洋画部を設立する。琳派や南画の伝統を取り入れ、豊麗な色彩の独自な画境を築き、日本洋画のひとつの形を完成させた。東美校教授。帝国美術院会員・帝国芸術院会員帝室技芸員。国画会名誉会員。日本芸術院会員。文化勲章受章。昭和61年(1986)歿、97才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梅原龍三郎
うめはらりゅうざぶろう

[生]1888.3.9. 京都
[没]1986.1.16. 東京
洋画家。京都の染呉服業の家に生れる。 1903年から4年間浅井忠に師事。 08年渡仏してパリのアカデミー・ジュリアンに入学,翌年からルノアールの指導を受けた。 13年帰国して個展を開き注目される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

梅原龍三郎
うめはらりゅうざぶろう
(1888―1986)

大正・昭和期の油彩画の巨匠。明治21年3月9日、京都市の染物問屋に生まれる。出生時に龍三郎と命名されたが、まもなく良三郎と改名。この名は26歳の1914年(大正3)まで使われた。京都府立二中を退学し、伊藤快彦(よしひこ)の画塾、ついで浅井忠(ちゅう)の聖護院(しょうごいん)洋画研究所(のち関西美術院)に学ぶ。1908年(明治41)渡仏してパリのアカデミー・ジュリアンほかに通い、翌年からルノアールの指導を受ける。13年帰国し、白樺社(しらかばしゃ)主催で滞欧作による最初の個展「梅原良三郎油絵展覧会」を東京で開く。翌年二科会の創立に参加したが、20~21年再渡仏。22年には春陽会の創立に参加、のち国画創作協会の洋画部(28年から国画会となる)を創設した。昭和初めから、肉筆浮世絵、琳派(りんぱ)、南画などの伝統を独自に近代化し、『桜島』『裸婦扇』『薔薇(ばら)』など、豪放華麗な梅原芸術を打ち立てた。このころから油彩に岩絵の具も用い始める。また北京(ペキン)へ6回旅行し、『紫禁城』『姑娘(クーニャン)』ほかを制作する。35年(昭和10)帝国美術院会員。44年帝室技芸員、東京美術学校(東京芸大の前身)教授となる。50年代には富士山、浅間山の連作を始める。52年(昭和27)東京芸大教授を辞任、ベネチア・ビエンナーレ展の国際審査員として渡欧、帰国して文化勲章を受ける。57年に前年の『富士山図』が朝日賞を受賞。同年、芸術院会員を辞任。カンヌほか南フランス、イタリアに制作旅行を繰り返す。花の静物、裸婦などに自由奔放な画境を示したが、昭和61年1月16日、97歳で没。[小倉忠夫]
『『現代日本美術全集12 梅原龍三郎』(1971・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梅原龍三郎の関連キーワード伊藤快彦国枝金三田村月樵新井謹也伊庭伝次郎加藤源之助田中猛夫水清公子中林僲関西美術院

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

梅原龍三郎の関連情報