コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林平兵衛 こばやし へいべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林平兵衛 こばやし-へいべえ

1779-1849 江戸時代後期の農政家。
安永8年生まれ。駿河(するが)竈(かまど)新田(静岡県御殿場市)の組頭。農業をいとなむ。天保(てんぽう)の飢饉(ききん)で村から23名の死者がでたため,天保8年二宮尊徳を下野(しもつけ)(栃木県)にたずねて米18俵をかり,尊徳の報徳仕法を実践。のちその弟子となった。嘉永(かえい)2年死去。71歳。名は嘉通。通称は別に惣右衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小林平兵衛の関連キーワードワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)クールベリスト(Liszt Ferenc (Franz Liszt)、ピアニスト、作曲家)後桃園天皇カージャール朝ティチングブロンホフ後桃園天皇平賀源内カージャール朝

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone