コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小柳常吉 こやなぎ つねきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小柳常吉 こやなぎ-つねきち

1817-1858 江戸時代後期の力士。
文化14年8月生まれ。文政10年阿武松(おうのまつ)緑之助に入門。天保(てんぽう)8年緑松から小柳に改名。11年入幕,嘉永(かえい)5年(1852)大関にすすむ。7年ペリーが再来航した際,横浜で相撲を披露。安政3年引退,年寄阿武松をついだ。安政5年3月23日死去。42歳。上総(かずさ)(千葉県)出身。本名は高石桂治。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android