コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小柳平助 こやなぎ へいすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小柳平助 こやなぎ-へいすけ

1830-1862 幕末の力士。
天保(てんぽう)元年生まれ。嘉永(かえい)7年大坂の湊部屋から江戸の阿武松(おうのまつ)部屋にうつり,2段目付け出しとなる。安政5年鬼鹿毛から雲生岳に改名。万延元年小柳と改名し,入幕。傲慢さが弟弟子たちの反感をかい,就寝中に不動山岩吉らに斬りつけられ,2日後の文久2年4月16日死去。33歳。肥後(熊本県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小柳平助の関連キーワード奴隷制廃止運動ロビンソン(Henry Peach Robinson)民衆を導く自由の女神パーマストン(子)ギゾースタンダールフランス史(年表)上野彦馬ブンゼンサイゴン条約