コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小柳津勝五郎 おやいづ かつごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小柳津勝五郎 おやいづ-かつごろう

1847-1913 明治時代の農業改良家。
弘化(こうか)4年1月23日生まれ。大垣津音蔵から焼土肥料の製法をまなぶ。明治33年燻炭(くんたん)肥料を発明,これをもちいた「天理農法」の普及につとめた。大正2年3月5日死去。67歳。三河(みかわ)(愛知県)出身。著作に「燻焼土調和肥料製造法」「弐倍収穫天理農法」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小柳津勝五郎の関連キーワード明治時代弘化

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android