コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小田原地震 おだわらじしん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小田原地震
おだわらじしん

神奈川県小田原市付近を震源とする地震。フィリピン海プレートの一部である伊豆半島と日本列島のプレートとが衝突して沈み込めないため発生すると考えられる。小田原市周辺では 17世紀以降,少なくとも 寛永10(1633)年にマグニチュードM)7.0,天明2(1782)年に M7.0,嘉永4(1853)年に M6.7の地震が発生した。特に江戸時代末期の嘉永の小田原地震では被害が箱根,御殿場,真鶴などにまで及び,小田原城の天守閣や藩主の屋敷などが多数損壊した。これらに元禄16(1703)年の元禄地震M7.9~8.2),1923年の関東地震(M7.9。→関東大震災)を加えると,平均で約 70年おきに発生しているため,この周期で M7規模の地震が発生する可能性が高いとみられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

小田原地震の関連キーワード大久保忠増秋広平六嘉永

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android