コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小田原市 おだわら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小田原〔市〕
おだわら

神奈川県南西部の中心都市。足柄平野の南部を中心に,西は箱根外輪山の東斜面,東は大磯丘陵の西部に及ぶ。 1940年市制。 48年から 71年の間に国府津町など3町,下府中村など6村,曽我村の一部を編入。地名は平野部の湿田地帯に由来するといわれる。中心市街地は足柄平野の南西部にあり,古来箱根山東麓の交通,軍事の要地であった。室町時代に北条氏が小田原城を本拠に関東経略をはかり城下町を造営。江戸時代は小田原藩の城下町,東海道の宿駅としてにぎわった。明治以後,東海道本線は箱根山を北に迂回したが,1934年丹那トンネルの開通により本線の通過地となり駅がおかれた。東海道新幹線の小田原駅もあり,小田急電鉄小田原線の終点,伊豆箱根鉄道,箱根登山鉄道の起点。道路は国道1号線,西湘バイパスが通るほか,小田原厚木道路で東名高速道路に通じ,箱根,伊豆半島への観光道路の起点でもある。市街地は小田原駅前から海岸まで広がり,国道沿いに国府津付近まで続いている。県の南西部を商圏とする商業都市であり,また箱根細工の伝統を生かした家具製造,扇状地末端の湧水によるフィルムや印刷などの工場がある。足柄平野は米作が中心で,丘陵地では広くミカンが栽培される。大磯丘陵の曾我は観梅の名所でウメを特産。かまぼこ製造も地場産業として知られる。近年は京浜地域への通勤者向け宅地開発が盛ん。箱根観光の基地であり,史跡の小田原城城址,石垣山の一夜城跡などの名所があるほか,95年3月,県立博物館のうち自然関係の資料を収蔵展示する「生命の星・地球博物館」が開館。また早川のビランジュ (バクチノキ ) は天然記念物。郷土芸能として相模人形芝居が有名で,重要無形民俗文化財に指定されている。市域の一部は富士箱根伊豆国立公園に属する。面積 113.81km2。人口 19万4086(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おだわら‐し〔をだはら‐〕【小田原市】

小田原

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

小田原市の関連キーワード小田原こどもの森公園 わんぱくらんど神奈川県小田原市穴部新田神奈川県小田原市曽我大沢神奈川県小田原市曽我光海神奈川県小田原市清水新田神奈川県小田原市曽我別所神奈川県小田原市蓮正寺神奈川県小田原市飯田岡神奈川県小田原市井細田神奈川県小田原市小八幡神奈川県小田原市北ノ窪神奈川県小田原市上曽我神奈川県小田原市上新田神奈川県小田原市下新田神奈川県小田原市江之浦神奈川県小田原市下大井神奈川県小田原市堀之内神奈川県小田原市曽我岸神奈川県小田原市曽我原神奈川県小田原市南板橋

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小田原市の関連情報