コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関東地震 カントウジシン

2件 の用語解説(関東地震の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かんとう‐じしん〔クワントウヂシン〕【関東地震】

相模トラフ沿いを震源とし、約200年~400年周期で繰り返し発生する地震。マグニチュード8程度のプレート境界地震であり、元禄地震および関東大震災の大正関東地震が知られる。関東大地震

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関東地震
かんとうじしん

1923年(大正12)9月1日午前11時58分、神奈川県小田原付近を震央として発生した地震。規模はM7.9。震源域は小田原から相模(さがみ)トラフ沿いに南東に約100キロメートルにわたっている。このような巨大地震のエネルギーが蓄えられるには100年以上かかると考えられている。木造家屋全壊率が高かったのは、神奈川県の相模湾沿岸と房総半島南部で、所によっては50%以上に達した。東京では約4%であった。地震後各地で火災が発生し、東京での焼失面積は約38.3平方キロメートルで、本所(ほんじょ)被服廠(しょう)跡で焼死した人は4万4030人に達した。横浜では宅地面積の約75%にあたる9.5平方キロメートルを焼失し、6万軒が灰となった。そのほか、横須賀、鎌倉、厚木、秦野(はだの)、浦賀、小田原、真鶴(まなづる)、船形(ふなかた)(館山(たてやま)市)で大火があった。
 この地震で、神奈川県南部、房総半島中南部が隆起し、小田原付近では約2メートルに達した。隆起は北部へ行くにしたがって減り、現在の中央線沿線では逆に数センチメートルないし数十センチメートル沈降した。相模湾でも、小田原から南東に引いた線の北側は隆起し、南側は沈降した。また、房総半島南部や三浦半島に小断層がみいだされた。しかし相模トラフの北西延長にあたる国府津(こうづ)―松田断層はこの地震では動かなかったと考えられている。神奈川県の根府川(ねぶかわ)では山津波が発生し、同集落170戸全部と停車中の列車を埋めた。津波が相模湾、房総半島南部を襲ったが、被害はなかった。[宇佐美龍夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関東地震の関連キーワード十勝沖地震南海トラフ巨大地震安政の大地震相模トラフ八重山地震甘粛地震相模舟状海盆南海トラフ地震東南海地震と南海地震南海トラフ沿いの巨大地震

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

関東地震の関連情報